FC2ブログ







【44番湯】 須川高原温泉

pray4j.jpg

当地の紅葉が始まりかけた頃、須川高原温泉へ命の洗濯へ。

昨年も伺ったのですが、その時は大浴場だけの入浴でしたので
今回は広く知られる露天風呂を目指します。

15708673380.jpeg


お風呂の神様に感謝したくなるような独泉状態。

いやはや、山の神様、お湯の神様、
ぎゃーてーぎゃーてーはらそーぎゃーてー

と唱えたくなります。



15708673530.jpeg



お湯の暑さと山を吹き抜ける風の涼しさが
絶妙の組み合わせです。

そして独特のかほり。


15708673000.jpeg

湯~ラシア
湯~とぴあ…

何でもいいんです。

幸せすぎてわけわかりません。

15708672830.jpeg

15708671820.jpeg



2017年(平成25年)8月から始めたP.h1126(いい風呂)への道。
今回は1.9で、合計293.0(前回までで291.1)のんびり巡礼してまいります
関連記事
スポンサーサイト



カツカレー@温泉旅館の食堂部

pray4j.jpg

志願の?休日出勤に飽き飽きし、久しぶりに予定のない1日。

山に向かって車を走らせ、
大広間休憩付で日帰り入浴。

ひとっ風呂浴びた後、併設の食堂へ。
レストランではなく食堂です。

せっかく来たので山の値段らしくない謙虚な値段に敬意を示し
カツカレーをいただきます。

15708672320.jpeg

食堂のカツカレー。
純和風のカツカレー。
シンプルなカツカレー。

そんなカツカレーに敬意を示し、ノンアルをセットします。

15708672610.jpeg

カツをつまみにいただくビール

風飲料


絶好のコンディションの風呂上りに頂くビール

風飲料

カツは端から2番目のやつに醤油をかける派のワタクシ。

15708672140.jpeg

一休みし、午後の大浴場に備えます。



関連記事
[ 2019/11/05 05:45 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)

サーモンハラス焼き

あひる課長さん

おでんのさんとの勝手にコラボシリーズ、
多賀城市 むつごろうさんの定食全メニュー制覇への道。
どれを食べても均一価格嬉しいラインナップ。

この日もは焼き魚もモード。いつものボードから
サーモンハラス焼きをチョイス。

以前もいただいた気がしますが、もはやお構いなしでいいのではないでしょうか?

秋だもの、サーモンしたっていいじゃない…

意味不明なフレーズは軽く流してまづは全景

DSC_2100[1]

メインのサーモンはジュースィーかつマイルドでいて
しつこくなく、滴る魚汁もシャイニーな感じです。

DSC_2101[1]

煮物枠の小鉢は結び昆布とこんにゃく。

DSC_2102[1]

刺身はマグロとわかめの小鉢。
少量ですが、脇役に徹する割り切り具合に敬意を抱きます。

DSC_2103[1]

そして、汁物は宮城風芋煮。
あー味噌汁ね~。
などと軽く受け流してはいけない仕掛けにあふれるむつごろうさんの定食たち。

ケンカっぽく聞こえる親方の話声すら
素敵なBGMに聞こえてくるものです。

DSC_2104[1]




≪むつごろうさんにお世話になった過去≫
  1回目:チキンカツ [ 2011/10/11 ]
  2回目:銀たら塩焼き [ 2011/12/12 ]
  3回目:カキフライ [ 2011/12/22 ]
  4回目:鮭ハラス焼き[ 2012/02/10 ]
  5回目:豚焼肉 [ 2012/04/03 ]
  6回目:くじら竜田揚 [ 2012/05/04 ]
  7回目:鶏の唐揚げ [ 2012/06/24 ]
  8回目:ミックスフライ [ 2012/07/31 ]
  9回目:メヒカリ唐揚げ [ 2012/08/16 ]
 10回目:カニチャーハン [ 2012/08/28 ]
 11回目:ホッケ焼げ [ 2012/10/17 ]
 12回目:アナゴフライ [ 2012/12/23 ]
 13回目:メヌケの粕焼き [ 2013/02/06 ]
 14回目:アナゴ天丼 [ 2013/07/02 ]
 15回目:カツカレー [ 2013/11/20 ]
 16回目:うな丼 [ 2013/12/21 ]
 17回目:吉次唐揚げ [ 2014/1/27 ]
 18回目:メンチ+目玉焼き [ 2014/4/13 ]
 19回目:ハゼ天丼 [ 2014/6/24 ]
 20回目:煮アナゴ [ 2014/12/17 ]
 21回目:イワシステーキ [ 2015/4/19 ]
 22回目:エビフライ [ 2015/10/18 ]
 23回目:メンチカツ [ 2015/12/17 ]
 24回目:カツオ刺し [ 2016/7/2 ]
 25回目:メカジキのステーキ [ 2017/1/22 ]
 26回目:カツオ刺し [ 2017/8/30 ]
 27回目:えびカツ [ 2017/11/12 ]
 28回目:生タラフライ [ 2018/2/12 ]
 29回目:かじきステーキ [ 2018/8/11 ]
 30回目:焼き魚ミックス [ 2018/12/6 ]
 31回目:ハモフライ [ 2019/8/17 ]



おでんのさんによる踏破状況≫

チキンカツ(2011/11/09)
くじらの竜田あげ(2012/04/12)
まぐろ丼(2012/05/21)
うな丼(2012/07/18)
くじらステーキ(2014/08/25)
赤うお焼き(2015/01/21)
カツカレー(2015/03/2)
生タラフライ(2016/02/13)
あなご丼(2016/08/25)

関連記事
[ 2019/11/04 06:02 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)

【43番湯】 気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

pray4j.jpg

9月の沿岸部巡業。
できれば同じエリアは1回で済ませたいところです。

気仙沼巡業は順調に済ませたはずですが、追加のミッションが入ります。

かもめ食堂でのチャレンジは果たしましたので、
今回はお風呂にチャレンジです。

朝食では何度かお世話になっている気仙沼プラザホテルさんへ。

特筆すべきは泉質です。
海海岸沿いの温泉ということで塩系の泉質は想定内ですが、

ナトリウム・塩化物強塩泉

と「塩」という字が2回も登場するしょっぱい温泉なのです。

大浴場から気仙沼湾を臨みます。

15708674760.jpeg

そこから露天風呂へ。こじんまりしていますが、
季節もよく潮風が…

15708674520.jpeg

ボコボコと安定の水量。
循環力のなせる技なのかもしれません。

15708674320.jpeg

観光バスの待機所があるらしく、
一生懸命アプローチをかけるも気づいてもらえません。

15708674040.jpeg

ナトリウム・塩化物強塩泉
塩という字が2回も登場するだけに海水浴後を思わせる
肌のパリパリ感が心地よい温泉です。


2017年(平成25年)8月から始めたP.h1126(いい風呂)への道。
今回は7.0で、合計291.1(前回までで284.1)のんびり巡礼してまいります
関連記事

かもめ食堂@気仙沼

pray4j.jpg

沿岸部巡業シリーズ。
この日はふかひれの町へ。

ヤボ用で当地を音連れる機会はありましたが、
解散時間と営業時間のミスマッチで伺うことができなかった食堂。

そのお店に伺う

時は来た。

かもめ食堂さん。

気仙沼出身で東京の有名店を営む方が地元のために開いたお店とのこと。

なかなか来る機会がないので、ラーメンだけではなく
ご飯ものもいただくことにしますが、
肉っぽいのは何となく避けたいななどと考えながら券売機に立ちますと
良さげな丼を見つけて迷わずボタンをプッシュ。

DSC_1865[1]

ミニサーモン丼ゴマダレ風味。

お醤油で行きたいところですが、
風味豊かなゴマとサーモンが出合い、食欲をそそるどんぶりになっています。


そして、ラーメンはシンプルなしょうゆ味をセレクト。

かもめラーメン醤油味玉載せ。

たまごはオプションですが、こちらも迷わず選択権を行使します。

DSC_1864[1]

ナルト(やはり1番気になる具材です)、チャーシュー、海苔といった
B級式マスト具材がラインナップされていますので、文句なしです。

麺はスープに絡みやすい縮れ麺。
個人的にはスープがやや濃いめな感じなのかもしれません。

次回は塩で行きたいと思います。

DSC_1867[1]
関連記事
[ 2019/11/02 17:38 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)