スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

五目ラーメン@女川 三秀

あひる課長さん

この日は、託しもののついでに女川へ。
冷凍王子が時折利用している女川駅前、ハマテラス内の三秀さんへ。

定食類を考えていたのですが、
諸事情で五目ラーメンをいただきます。

DSC_0689[1]

キクラゲ、マッシュルームが多目ながらも
豚バラ、タケノコの割合も高くワタクシ的には
好きな配合のバランスです。

そして、餡のデロデロさが幸せを呼びます。

DSC_0691[1]

麺はオーソドックスな細打ちのちぢれ具合です。

DSC_0693[1]

食べ進めておりますと、餡の中からウズラの卵が!
さらに
な、な、なーんと、エビ天が!!
エビではなくエビ天です。
港町女川のプライドのようなものを感じます。

次回は、混んでいてももう少し海寄りの方の中華屋さんにアタックします。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/03/12 17:57 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

震災から6年経ちました。

あひる課長さん

この日は気仙沼に向かいます。
当地で活動されている、気仙沼復興協会さんの活動に参加します。
復興協会さんでは、毎月11日に行方不明者の捜索活動を行っており、
この日も気仙沼警察署さんと合同での捜索が行われるということで、
昨年秋から参加できるタイミングを逃がしてきたこともあり、
今回久しぶりに参加させていただくことができました。

朝4時前に仙台を発ち、ミッションを一つクリアし、
ほぼ予定通りの7時前に気仙沼入り。
朝食をいただくために、気仙沼プラザホテルさんへ。

気仙沼プラザホテルさんには
当地での活動のたびにお世話になっています。
宿泊者以外でも朝食をとることができるので助かります。

DSC_0709[1]

旬のワカメのしゃぶしゃぶやメカブ、
気仙沼チャウダーは当地の名産だけに外せません。

DSC_0710[1] DSC_0711[1] DSC_0713[1]

その後は、気仙沼復興協会さんに移動し、
180名以上のボランティアの方々とともに
オリエンテーションを受けたのち、
捜索場所である海岸に移動します。
時折風が強くなったり雪がチラつく場面もありましたが、
青空と日差しを受けた海辺は穏やかでした。

DSC_0716[1]

それだけに、
あの自然現象で全く異なる表情を見せた海を想像すると
胸が本当に苦しくなります。

なお、捜索活動について詳しい説明は省略させていただきます。
気仙沼復興協会さんのブログなどをご覧ください。



DSC_0717[1]

そして、この日のお昼ご飯は自衛隊の方々による
炊き出しを提供していただきました。
私たちが活動場所に到着した時には、
既に自衛隊の方々は到着しており、
少ない人数ながらもテキパキと用意をされており、
昼食にはおいしいカレーを提供していただきました。

DSC_0720[1]

カレーには地元の方々のご厚意の薬味と
やはり当地ならではの海のお惣菜も盛り付けていただきます。

準備していただいた昼食をいただけるのは
寒さや予め買い出しする手間などを考えると
本当にありがたいことで、
それが体を温めてくれるので、ただただ感謝です。




14:30には活動を終え、
警察署の方々も含め終了のあいさつ。

そして、14:46…

被害に遭われた方々、
まだまだ苦労されているすべての皆様へのお見舞い、
そしてワタクシ自身、まだまでできることを続けなければならないという
誓いを秘めた1分間の黙とう。

その後解散となりましたが、国道まで出る途中のあちこちに
海を眺める方々…
お母さんとお子さん、お父さんと子ども
お花を持った人もいれば、ただ物思いにふける方。
おそらくそこで見つけられた方々のご家族なのだと思います。

心苦しさを紛らわすため、
お風呂で顔のあたりをざっぱざっぱと洗い流してきました。

DSC_0727[1]



お風呂の帰り偶然会えたⅠちゃん。
バスで来てくれたミッチー、
名古屋のずこうの先生、Cさん、
活動前に声をかけてくださったA女史さん、

築館に浜清掃組のK島、
同じくスイセン組のK島、
南三陸-築館そして息子さん、
東松島の物産展と南三陸、
きっかけはそれぞれぞれ別の場所ではありますが
4人の方と再会することもできました。

それぞれがそれぞれのスタンスで、
それぞれのペースで、
それぞれの考え方や想い、
関係するグループもそれぞれ異なりますが、
それぞれがいろいろ重なっている皆さん。
その日を同じ場所で活動できたことを光栄に思います。
関連記事
[ 2017/03/12 14:46 ] A面のヤボ用 | TB(0) | CM(0)

ワンプレートランチ@東松島 スマイルダイニング

あひる課長さん

また、11日が近付いてきます。
ざわざわした気分になりますが、
ワタクシなりに、拙ブログなりに、ブレないように…

忘れてはいませんが、行けなくなるところもありますが
その分行けてないところに行ける機会も増えてくると思います。

東松島市のスマイルダイニングさん、
過去ネタですが、SDさんへ伺う機会もできるのかもしれません。

とろ玉メンチプレート クリームパスタ添え
というワンプレートのお昼をいただいたのは昨年の秋。

DSC_0271[1]

でっかい球形の肉。
肉球を開きますと…

DSC_0272[1]

黄身はいい感じの半熟でお肉にまぶせば幸せです。

DSC_0273[1]

11日までは、そちら方面のお店でご案内しております。




関連記事
[ 2017/03/01 14:46 ] A面のヤボ用 | TB(0) | CM(0)

【27番湯】赤這温泉で日帰り湯治

あひる課長さん

「不要不急の外出は控えてください」
と大雪警報の出た如月ある日、
必要で今日行かなければなりませんでしたので
呼んで北の聖地へ向かいました。

日帰り入浴に、個室休憩、そして冬季の暖房使用料
を含め1,500円で9時から15時まで過ごせることを知り、
前日電話したところ、予約できました。

訪問前のミッションに手間取ってしまい、
11時ころ到着。あとはゆっくり浸かりまくります。

通していただいた、2階の客室。
コタツもある、ふた間続きのお部屋。

20170203074919405.jpg

予約の際にお昼について相談したところ、
近くのお店から「出前」を紹介するか
持ち込んでもかまいませんとのこと。
ので、当時らしく冷蔵庫や食品庫からにあるものを
適当に持ち込みます。

20170203075315497.jpg 20170204173056770.jpg

窓から眺める雪景色をよそに
早速お1回目のお風呂へ。
まずは、褐色な雰囲気の混合泉へ。
この日はやや低めの湯温で長く浸かっていることができました。

201702030748593c1.jpg

ちょっと休んで、2回目。
こちらはやや暖かめのお湯で、
半身浴でじっくり浸かります。

20170203075343b89.jpg

ほぼ貸切状態が続きます。
これで1,500円でいいのでしょうか?
宿ジャック、お湯ジャック。
そんなフレーズをふるふる感じます。

2017020307540249a.jpg

昼寝を挟んでの3回目。
今日はこちらのお湯が心身にしみ込みました。

20170204173155342.jpg 

平成25年8月から始めたP.h1126(いい風呂)への道。
今回は7.2で
合計187.21(前回までで180.01)
のんびり巡礼してまいります。

関連記事

三食丼@天地を喰らふ

あひる課長さん

この日はやんちゃ坊主の前を通りましたが
金銭面での合意に至らず、
天地を喰らふさんへ初訪問。

日替わりの三食丼をいただきます。
ネギトロとサーモンのレギュラーに、
日替わりの一品が加わる海鮮丼です。

DSC_0640[1]

この日はカレイの漬け。

DSC_0641[1]

通り向かいの団子屋も気になるところですし、
この後の会合ではなぜかスギやんが切れたりしますが、
ワンコインの500円でのランチでしたので、善しとしておきます。


関連記事
[ 2017/02/26 18:11 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。