FC2ブログ







大崎市鹿島台 赤坂

あひる課長さん

この日は大崎市鹿島台へ。

年に日にち固定で開催される鹿島台最大の催しへ。

鹿島台のリオのカーニバル。
鹿島台のオリンピック。
鹿島台の盆と正月

みたいなものが

鹿島台の竹下通り
鹿島台の東京ビックサイト
香芝大のかっぱ橋

で開かれているとのことで視察に行ってまいりました。
視察の感想については、特にありません。

駄菓子菓子、立ち寄った食堂がなかなか味わいのあるお店でした。

鹿島台の駅へつながる歩行者専用の隧道そばにある、赤坂さん。
この日はやはりご多忙のようでしたが、待ち時間なしで座ることができました。

この日メニューは互市対応のラインナップです。
15434682500.jpeg

その中からとんかつ定食をオーダー。

15434685240.jpeg

嬉しいのは小鉢の充実度。
さつま揚げのトロみ餡かけ。
15434684070.jpeg

そして、ポテ皿。
とんかつにこれがつくと役者がそろった気がします。

15434683620.jpeg

とんかつはサクサクです。

15434684650.jpeg

ソースだけではなく、いろいろな調味料でいただきます。

15434683110.jpeg

醤油とかしょうゆとかショウユとか…。

互市期間ではない、通常営業の時にぜひ再訪したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2019/01/13 18:54 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)

半々セット

あひる課長さん

この日は、久しぶりに献身的な彼らのお手伝いをできる機会に恵まれます。

愛と勇気と正義とあきらめない心を子どもたち、
そして会場にいるすべての方々に伝えるためのスーパーライブ。

この日は舞台セットの搬入やグッズ販売コーナーなどのお手伝い。
ワタクシ個人としては本番の2日間がどうしてもやりくりがつかず、
ならばと、事前の準備作業に潜り込みます。

活動自体についてはそのうち話す機会もあることでしょう。
前日職場のKYOT(仮称:きょっと)がいろいろやらかし、
そこに追い打ちをかけるTSU(仮称:つぅ)の人任せな発言もあり、
頻繁にあちこちから電話が…(ウルセー)

駄菓子菓子、心を落ち着け、リサーチしておいた食堂に向かいます。

ご当地ラーメンとして近年じわじわとファンを増やしている食堂。
とある魚のダシを活かした風味が人気を呼んでいるそうです。
未開の地ゆえ、ちょっと徘徊の末に入店。

時間も限られており、次の機会に「それ」をいただくとして
今日は挨拶代わりに半ラーメンと半かつ丼。

DSC_0597[1]

ラーメンは赤いナルトが好印象です。
スープは地域がら魚介の風味を想像しますが、
動物系の風味もあり、それでいてあっさりとした印象にまとめられています。

DSC_0595[1]

かつ丼は卵とじのタイプではなく、ソースかつ丼で。
お肉のおいしさをより楽しめました。

逆に、お店の立地的に、
海のものも陸の幸も流れてくる場所と言えるかもしれません。

DSC_0596[1]

場所やおいしさもわかりましたので、次はその本陣に向き合うことでしょう。

関連記事
[ 2019/01/13 18:21 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)

寒中お見舞い申し上げます

あひる課長さん


拙ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。
いや、すでに寒中お見舞いとなってしまいましたか…

更新をサボりまくるワタクシにもかかわらず、
昨年中は飽きもせず、拙ブログへのアクセス、心よりお礼申し上げます。

2018年を振り返って一年のまとめやお礼、
新年に当たっての抱負や目標といったものは特にありません。

言葉にして発すればそれは皆様との「約束」になってしまいます。
駄菓子菓子、ワタクシなりにその時その時にできることをに
ワタクシなりの切り口で結構気合いを入れて取り組んでいきますので。
あまり過度な期待をせず、「ほぉー、そうなのね」的に
お付き合いいただければ幸いです。

結びになりますが、
皆様のこの一年とのご健笑とご多幸を心よりお祈り申し上げます。











関連記事
[ 2019/01/13 17:58 ] B級ライフ(雑言) | TB(0) | CM(0)

ゆりあげ朝市、天童製麺の朝ラーメン

あひる課長さん

ゆりあげ港朝市にあります、天童製麺さんのラーメン事業部?さんに初訪問。

通るたびに気になっていたのですが、どうしてもそば事業部?
の魅力に引かれてしまうことが多く、
この日は朝からラーメン!の決意で入店。

ほどなく、着丼。

DSC_0639[1]

チャーシュー、メンマ、ノリとオーソドックスなラインナップ。
ちなみに、ナルトは丼外です。


そして、強調したいのはネギ!

そば事業部?同様、ネギのボリュームに感銘を受け、注目します。

DSC_0640[1]

スープを一口いただきますと、ワタクシ好みの和テイストというか
醤油のうまみみたいなのが前面に出たスープ。

すなわち、コショウではなく、七味で行きます。
DSC_0641[1]

麺は平打ち気味で太めのコシのあるタイプ。
かといって喜多方テイストとも異なります。

DSC_0642[1]

朝からラーメンも悪くありません。
強いて言えばそば事業部からえび天を買ってきて載せ大気もしますし、

煮卵は標準装備でもよいのかもしれません。

関連記事
[ 2018/12/29 18:52 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

焼き魚ミックス

あひる課長さん

おでんのさんとの勝手にコラボシリーズ、
多賀城市 むつごろうさんの定食全メニュー制覇への道。
どれを食べても680円の嬉しい価格。

この日も魚を理想しながらいつものボードを眺めます。

焼き魚ミックス。

サーモンハラス、サバ、ホッケという、
3種の焼き魚たちを同時に楽しめるというなら、
すなわち、焼き魚の水族館状態というしかないでしょう。

15434673640.jpeg

ワタクシ的にはサーモンがやはりしっくりきます。

15434672610.jpeg

お作りの小鉢も間違いないラインナップ。

20181125111117e3f.jpg

駄菓子菓子、アレです。
○たいのに、ちょいびっくり。

長く通うとこういうこともあるのです。
お姉さんが最初に一言言ってくれたらなお嬉しかったかもしれません。


≪むつごろうさんにお世話になった過去≫
  1回目:チキンカツ [ 2011/10/11 ]
  2回目:銀たら塩焼き [ 2011/12/12 ]
  3回目:カキフライ [ 2011/12/22 ]
  4回目:鮭ハラス焼き[ 2012/02/10 ]
  5回目:豚焼肉 [ 2012/04/03 ]
  6回目:くじら竜田揚 [ 2012/05/04 ]
  7回目:鶏の唐揚げ [ 2012/06/24 ]
  8回目:ミックスフライ [ 2012/07/31 ]
  9回目:メヒカリ唐揚げ [ 2012/08/16 ]
 10回目:カニチャーハン [ 2012/08/28 ]
 11回目:ホッケ焼げ [ 2012/10/17 ]
 12回目:アナゴフライ [ 2012/12/23 ]
 13回目:メヌケの粕焼き [ 2013/02/06 ]
 14回目:アナゴ天丼 [ 2013/07/02 ]
 15回目:カツカレー [ 2013/11/20 ]
 16回目:うな丼 [ 2013/12/21 ]
 17回目:吉次唐揚げ [ 2014/1/27 ]
 18回目:メンチ+目玉焼き [ 2014/4/13 ]
 19回目:ハゼ天丼 [ 2014/6/24 ]
 20回目:煮アナゴ [ 2014/12/17 ]
 21回目:イワシステーキ [ 2015/4/19 ]
 22回目:エビフライ [ 2015/10/18 ]
 23回目:メンチカツ [ 2015/12/17 ]
 24回目:カツオ刺し [ 2016/7/2 ]
 25回目:メカジキのステーキ [ 2017/1/22 ]
 26回目:カツオ刺し [ 2017/8/30 ]
 27回目:えびカツ [ 2017/11/12 ]
 28回目:生タラフライ [ 2018/2/12 ]
 29回目:かじきステーキ [ 2018/8/11 ]



おでんのさんによる踏破状況≫

チキンカツ(2011/11/09)
くじらの竜田あげ(2012/04/12)
まぐろ丼(2012/05/21)
うな丼(2012/07/18)
くじらステーキ(2014/08/25)
赤うお焼き(2015/01/21)
カツカレー(2015/03/2)
生タラフライ(2016/02/13)
あなご丼(2016/08/25)




関連記事
[ 2018/12/06 12:47 ] B級グルメ | TB(0) | CM(2)