FC2ブログ







アサリごはん@福島県相馬市 旭亭

あひる課長さん

福島県相馬への巡業、飛天さんお風呂の後はほぼ予定通り、
お昼前に目的地の食堂へ。

駄菓子菓子、食堂の駐車場には溢れる車、
入店を待つ行列…

お昼までにはまだ早いのですが、
この行列に並んで待ってまでいただくよりは
他のお店でゆっくりした方が得策だと切り替え、
ちょいと走って辿り着いたのが、旭亭さん。

早速オーダー、焼きカレイにするか迷いましたが、
松川浦と言えば、アサリごはんをリクエストします。

DSC_1130[1]

どっぷりアサリがのってます。

201905182037383fd.jpg

お味噌汁ではなく吸い物チックに仕立てられたアサリ汁。

20190518203144a63.jpg

コーヒーゼリー。
ゼリーは嫌いですが、コーヒーゼリーは食べられます。
ホイップされてると余計嬉しくなります。

20190518203039d6d.jpg

隣県に住んでいながら何もせずにいること、
周りの方々の活動を見ているとなおさら申し訳なくなります。

ムリに参加して足を引っ張るよりも
できる方法で復興を願う気持ちに偽りはありません。

入り損ねた食堂への再訪を含め食べて応援させていただきます。


関連記事
スポンサーサイト

【41番湯】ホテル飛天@福島県相馬市

あひる課長さん

あの自然現象からずっと行かなければならないと思っていた場所に
8年もたち、元号が変わってしまいましたが機会が整い伺ってきました。

福島県相馬市、漁業とイチゴの街。

焼カレイが分厚くおいしく、アサリの味噌汁が必要以上に貝まみれだった町の食堂。

そして、この町に温泉もあることを知り、まずは乗り込みます。

ホテル飛天さんへ。

飛天とおっしゃるので最上階の浴室を連想していましたが、
日帰り中心の露天風呂が別棟で備わっているようで
ちょっとフェイントを受けながらも早速着湯。

DSC_1126[1]

開放感のある露天風呂で、お湯は無色透明。
くせのないお湯とこの日の穏やかな日差しを楽しみます。

岩を組み合わせて滝を模したお湯の流れも見た目はもちろん、
その音が耳からも心地よく刺激してきます。

DSC_1129[1]

すでに切り替えて立ち直ってはいるのですが、
相馬の海を眺めながらのお風呂への妄想が崩れた時には
結構ショックでした。

DSC_1124[1]


平成25年8月から始めたP.h1126(いい風呂)への道。
今回は9.0で、合計276.9(前回までで267.9)のんびり巡礼してまいります
関連記事

みやさき@塩釜駅前

あひる課長さん

JR東北本線、塩釜駅前のみやさきさんへ初訪問。
以前とは別の屋号で営業されています。
スタッフの方々は一部減員はあったようですが、
料理やお酒、居心地の良いお店の雰囲気は
そのままなので安心して伺うことができそうです。

スタートは近くのお豆腐屋さんの長揚げ焼き。

DSC_1197[1]

DSC_1196[1]

その後はお酒の飲み比べを楽しみ、
後日の訪問を誓い失礼してきました。

DSC_1199[1]

この日は2件目としてお邪魔したのですが、
やはりスタートから伺いたいものです。


関連記事
[ 2019/06/10 18:16 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)

100年に一度の逸材による始球式

あひる課長さん

この日のイーグルスのホームゲーム、
始球式は100年に一度の逸材と呼ばれる男が務めます。

逸材らしい素晴らしい投げっぷり。

DSC_1174[1]

セレモニーという場を読みながらも、
自分らしさを表現しながら試合開始前の雰囲気を盛り上げてくれました。

DSC_1175[1]

嶋捕手も清々しくボールを棚橋選手に手渡しします。
種目は違えどアスリート同士のエールの交換が行われます。

駄菓子菓子、某タレントもどきが長々だらだらと雨の中
時間稼ぎのKYと無駄な始球式とは雲泥の差の空気が流れます。

DSC_1176[1]

この日はデイゲームでしたので、あとは楽しみます。

DSC_1179[1]

県内の高校が学校レク的な形で観戦に来ていました。
学校代表によるリレー大会は外野フェンス沿いを使って行われます。

DSC_1181[1]


観客席一帯が学校貸切エリア。
こんな雰囲気での観戦経験もワタクシ自身楽しむことができたのかもしれません。

DSC_1183[1]

ラッキーセブンに風船を飛ばしこの日はお役ごめんとさせていただきます。
直後に大量失点したとか…

DSC_1186[1]

始球式見て呑んだので良しとします。

関連記事
[ 2019/06/08 18:17 ] B級ライフ(雑言) | TB(0) | CM(0)

B級生まれて初めてのオフ会に参加する

あひる課長さん

この日はお声をかけていただき、とあるグループのオフ会に。
グループの特性から開催は自然な流れですが
メンバー構成上、当地でのオフ会は画期的と言えます。

駄菓子菓子、ワタクシにとっては生まれて初めてのオフ会。

卓を囲む方々と飲むのは初めて…
お会いするのもお話しする機会も初めて。

若干ご挨拶を交わしたことがある程度の方はいたのですが、
実質的には初めましてという表現が適切なのです。

会場となったお店そのものは何度かお世話になったことがありますし、
おいしい料理を食べさせてもらうこともわかっていたのは幸いです。


ホヤります。

DSC_1243[1]

クジラベーコンります。

DSC_1245[1]

ウドの天ぷらります。

DSC_1244[1]

他にもおいしいものばかりいただき非常に佳い時間となりました。
いろんな縁とタイミングが重なり、お声をかけていただきました。

人見知り故、ほとんど話はしていないのですが、
自らさまざまな引き出しのお話をしてくださった方がいて
非常に楽しむことができました。

次回は、車で行くのなら…現地に寝床を求め、
寝床を求めないのなら電車で向かいたいと思います。

ありがとうございました。
関連記事
[ 2019/05/27 18:33 ] 人情 | TB(0) | CM(0)