スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

五目ラーメン@女川 三秀

あひる課長さん

この日は、託しもののついでに女川へ。
冷凍王子が時折利用している女川駅前、ハマテラス内の三秀さんへ。

定食類を考えていたのですが、
諸事情で五目ラーメンをいただきます。

DSC_0689[1]

キクラゲ、マッシュルームが多目ながらも
豚バラ、タケノコの割合も高くワタクシ的には
好きな配合のバランスです。

そして、餡のデロデロさが幸せを呼びます。

DSC_0691[1]

麺はオーソドックスな細打ちのちぢれ具合です。

DSC_0693[1]

食べ進めておりますと、餡の中からウズラの卵が!
さらに
な、な、なーんと、エビ天が!!
エビではなくエビ天です。
港町女川のプライドのようなものを感じます。

次回は、混んでいてももう少し海寄りの方の中華屋さんにアタックします。




スポンサーサイト
[ 2017/03/12 17:57 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

ファイヤーボーイ@小鉄

あひる課長さん

ファイヤーボーイ、火の玉小僧といえば
知る人ぞ知るプロレスラーの菊地毅選手

地元仙台の高校を卒業し、
全日本プロレスからNOAHで活躍し、
現在はフリーとして仙台を主戦場に各団体へ参戦しているようです。

ストレートなファイトスタイルも
悪役商会での壊れ役もこなす、
マルチプルなプロレスラーの一人です。

マルチプルさで現在は仙台近郊、
富谷市内の焼肉店、小鉄さんの店長も務めているそうです。

小鉄さんではランチタイムにラーメンも出しているそうなので、
応援業務の合間にお邪魔してきました。

いただいたのはシンプルな和風醤油ラーメン。
(正式名称は忘れました)

DSC_0642[1]

それに、ミニチャーシューごはんもお願いします。

DSC_0643[1]

すなわちタッグマッチな組み合わせと言えるでしょう。
ラーメンはシンプルながらも洗練された味わいです。
安定した品質のための製造工程であるのかもしれませんが、
多くの方々から好感を頂ける味わいだと思います。

チューシューごはんは、ごま油の風味が効いた一杯です。

DSC_0644[1]

店長さんは場外乱闘中です。
店内での仕事ではなく、沿道でのPR活動中。
影がビミョ~な感じですが、
ポーズはいつもの踏ん張り系のお顔です。

昔から応援していました。とお伝えしますと、
喜んでいただきました。

お話し中思ったのは、本間朋晃選手の先駆けになるような口調w
駄菓子菓子、それ以上にやさしいお人柄を感じます。

DSC_0645[1]

そして、ワタクシが車で駐車場から出るまでは
西永秀一レフェリーばりのテキパキさで
交通誘導もしてくださいました。

DSC_0647[1]

ご当地出身選手は競技を問わず応援したいもの。
志賀選手はどこに行ってしまったのでしょうか?
カミナリキャラ系の一人は伝説になってしまいましたが、
菊地選手、いつかみちプロにも上がってください!




[ 2017/02/26 17:50 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

ゆで呑み敢行

あひる課長さん

某SNSでお世話になっている方が
「立ち食いそば屋での呑み」なるものを紹介しておられました。

ワタクシとしても非常に関心があったので、
さっそく実行して参りました。

敗戦のショックを払しょくすることも含め
仙台市内中心部のゆで太郎(システム系)へ。
おやつの時間を過ぎ、
夕食時にも早いかないという薄暮の時間。

呑み&ツマミ、そして食事(そば)の分の
食券はいつ買うべきか迷っていました。

①先に呑みの分の食券を頼み、
 ある程度出来上がったら、食事の食券を購入

②初めにすべての食券を購入し、
 呑みながらタイミングを見て食事の食券をカウンターへ。

という、券売機、カウンター、実食の
サイクルをどう展開していくかの助言をいただきました。

彼の助言によれば②が正道だというのです。
よって、②のパターンで組み立てをします。

DSC_0580[1]

食前酒は生ビール
オードブル?はコロッケ、
サラダ?の春菊天は半分はそばと一緒に食べたいところです。
食事(そば)は前半が揚げ物が続くので
ワカメ + かけ で締めてみたいと思います。

以上のラインナップ。
1000円札を入れても、170円のおつりが来ます。

ツマミはもう少し選択肢があればよかったのですが、
焦りながら券売機の前に立ったため、
店内の案内に気づくゆとりもありませんでした。

DSC_0581[1] DSC_0584[1]

多少の反省の中、さっそく宴を始めます。
嬉しい誤算は選ばれた者だけが受け取れる
クーポン券がついてきます。
選ばれないものにも同じクーポンがつくようですが…

DSC_0582[1]

ジョッキのビールが5分の2くらいに減ったところで、
そばの食券をカウンターへ。
そしてわかめそばのクライマックスへ。
サービスのたぬきもトッピングします。

DSC_0583[1]

そんなわけで生まれて初めてのゆで呑み。
賛否両論あるでしょうが、ありだと思います。





[ 2017/02/09 05:51 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

こまつやの半チャーハンセット

あひる課長さん

しばらくご無沙汰していた利府町のこまつやさん。
年末に思わぬチャンスに恵まれましたので、
ブログ上では2013年7月以来
ブログ上では約2年半ぶりの訪問です。

某SNSサイト内でじわじわと人気を集めていることを知り、
満を持しての訪問です。

この日はお昼のピークを過ぎた時間で、
お母さんが賄いのカレーライスをよそう風景も見られます。

DSC_0454[1]

ワタクシにとっては麺納め的な部分もあり
「ラーメン・半チャーハンセット」をいただきます。

ラーメンはシンプルながらも優しい味わい。
そして半チャーハンはなぜかナルトの割合が高いような気もします。
ラーメン用とチャーハン用にレンゲが二つ付いてきますが、
チャーハン、ラーメンスープ、麺、スープ、チャーハン…と
一つのレンゲでどちらもいただくと
レンゲ自体の味が深まる気もします。

若女将さんのオンリーワンなお心使いもうれしく麺納めができました。

SNS内の「お祭り」で変な方向に進むことはないと信じていますが、
「町の台所」的なところを土台にしながら
繁盛し続けてほしいと思います。


[ 2017/01/08 18:55 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

ワンタン麺@仙台東口 志のぶ

あひる課長さん

9月中旬のとある水曜日は仙台東口、志のぶでカミさんとラーメン。
ともにメニューが被らないように相談しましたが、
結局二人ともワンタン麺。

お昼前の入店でしたが、支持層は固く
多少の待ち時間で食欲が掻き立てられるばかりです。

お父さんとお母さんが丁寧に仕上げる一杯。
油脂は控えめながらも芯のあるスープ。
ちゅるちゅるのワンタン。

やややわらかめの優しい麺。

おいしくいただきました。

DSC_0005[1]


[ 2016/10/25 19:35 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。