スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楯昌宗@仙台89'S

あひる課長さん

player.jpg
楯昌宗
仙台89'S
ポイントガード


岐阜県出身、
愛知学泉大学 - 信州Bウォリアーズ -
高松Fアローズを経て、2016シーズンより
Bリーグ仙台に加入したバスケットプレイヤー。


楯昌宗選手のプレーに惚れてしまいました。

1月28日(土)カメイアリーナ(仙台市体育館)で行われた
仙台89'Sと京都のリーグ交流戦。
HC同士の師弟対決ともなる一線は
82-86と仙台は敗れ、炎に水をかけて消すことができませんでした。

駄菓子菓子、ワタクシは一人のプレーヤーに心を奪われます。

それが、楯昌宗選手です。

仙台藩主、伊達政宗と読み方が近いというご縁もあり
今季から仙台に加入した楯昌宗選手。
ポジション的には第3のポイントガードという位置づけになるようです。

同じポジションには、志村、石川という存在があり、
なかなかコートに立つ時間に恵まれないようですが、
任された時間に任された仕事をやり切る選手姿に感動しました。

この日の第3Q、ロースターの構成もあり、
相手のエースガードにびったりマークする楯昌宗選手。
出場時間は数分間ですが、
この間相手エースを執拗にマークし続け、
満足な仕事をさせませんでした。

シュートを1本決められてしまいましたが、
相手チームはエースにシュートを打たせるための
ナンバープレーを使い、チームとして対応できなかったので
仕方のない1本だといってもいいとは思います。

ワタクシは仙台の守備の度に彼に声援を送ります。
「マサムネ、ディフェンスがんばれ~」
笑いを堪える前列のぼっち観戦の人々。
笑われようが関係ありません。
楯選手への声援は本気です。
こっちは真面目に応援しているのです。

試合中、試合後に
2度ほどガッツポーズで声援に応えてくれたような楯選手。
フェイスガードで相手エースをスローダウンさせる役割も
チームの中で必要だと思います。

彼が出ることで、試合展開が良くなっていく。
そんな選手であってほしいと思います。




スポンサーサイト
[ 2017/01/29 09:54 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

総合力

あひる課長さん

東北学生アメリカンフットボールの公式戦を観戦してきました。

リーグとしては既に開幕戦を終え、第2節に入ります。
各チームにとっては開幕戦の課題を踏まえ
さらにギアを上げていきたいところです。

この日は東北大学と東北学院大学の
「仙台クラシック」。

結果は東北大学が44-7と順当勝ち。
スコア上は解消と言いたいところですが、
この日の空模様のようにすっきりしない終わり方でした。

東北大学は主力級が中心に出場した3Qまでに
攻撃陣は順当にスコアを重ね続けます。
守備陣は学院のWRへのマークで
反則があるもののシャットアウトし続け、
最終的にはその課題も修正できていたようにも思います。

ただ、キックカバーで予想以上のリターンを許したり、
リターンでのファンブルなどもありましたが、
課題があるということは、やることが明確になるはずですので、
今後を見据えて修正してくれるものと信じておきます。

心配だったのは控えメンバーも出場した4Q。
4Qのスコアだけを見れば3-7という残念な数字です。
相手チームの疲労度を考えれば
もう少し別の数字になってほしかったと断言しておきます。


攻撃を司るべきポジションの選手に緊張もあったのでしょうか。

ゲームクロックを確認できずにディレイオブゲーム。
スナップのキャッチミス、ファンブル。
RBへのハンドオフミス。
大事なゲームではないことは幸いでしたが、
「最初のプレーの入り方」が大切なのかなと
感じさせられる12分間でした。

一方のカヤックス。
ベンチとフィールドのサインのやり取りが簡素化されていました。
シグナルボードでの伝達方法から離れたことで、
プレーがより速く、確実に、わかりやすくなったのかもしれません。

回線を用いたプレー解析もやはり簡素化され、
対面式での伝達となったことで、
情報がよりシンプルに伝わるようになったのでしょうか?

そして、東北学院にとっては止めておきたかった、
東北大学にとっては痛快だったのでしょうが、
SBへのカウンターは東北学院が作り出したプレーであり、
あのプレーでロングゲインを許した場面は印象的なシーンでした。


DSC_0003[1]

リーグはこれから後半に入りますが、
各チームそれぞれの目標に向かっての
努力と訓練を重ねながらリーグを盛り上げてほしいと思います。

[ 2016/09/13 08:03 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

氷みかんの球場から

あひる課長さん

浜ランチの後は、
今回のメイン、横浜スタジアムに乗り込みます。
人生初ビジター、ハマスタデビューを飾ります。

DSCN2729.jpg


座席はレフト上段の、ポール際。
グラウンド全体を眺められる好ポジション。

ただし、横浜ブルーの観客がほぼ9割。

DSCN2719.jpg

仙台をはじめ、地元横浜からも乗り込む
イーグルファンも気持ちだけでは負けません。
そして、小さく横浜の王道を楽しむ気持ちは忘れません。


DSCN2726.jpg

余談ですが、イーグルスのホームスタジアムでは
ホームチーム(イーグルス)が3塁・レフト側
ビジターチームが1塁・ライト側という配席なので
場所的には違和感はありません。

そして、ホームスタジアムのローカルルールで
管楽器による応援は禁止されていますが、
横浜スタジアムは鳴りモノOKですので、
そういう部分ではいつもとは違う雰囲気を楽しめます。

そして試合も6-3で楽天が勝利
・釜田の好投、オコエのプロ初本塁打。
・ウィーラーのフェンス直撃打。
・横浜の決めつけシフトの裏を突く鎌田のバスター適時打。
・ランナーを背負いながら無失点に抑える青山の粘投。
・リリーフ陣を鼓舞する小山投手コーチの熱き想い。
などが焦点になると思います。

お立ち台のないヒーローインタビューなど気になりません。
とにかく勝つことが大切だし、
勝てば楽しいのです。


[ 2016/06/22 19:01 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

キャッチボールと時計の管理

あひる課長さん

東北学生アメリカンフットボール連盟のオープン戦、
公式戦前の力試しとも位置付けられる
仙台グリーンボウルを観戦してきました。

今年の対戦カードは東北大学と横浜国大。
両チームにとっては定期戦を、
杜の都のメジャーフィールドで行うことになるため、
自ずと白熱したゲームを期待します。

試合は確かに均衡した試合展開でした。
東北大がタッチダウン2本を挙げ12-0と先制。
(ただしPATをいずれも失敗)

その後、横浜国大TDが2本で逆転。
後半にはFDで加点し12-16と逆転勝利を収めました。

シーズン前の大事な時期に、
本拠地を離れ地方へ遠征するリスクやデメリットも
あるかもしれませんが、東北アメフトのために
力を貸してくださった横浜国大の皆さんに感謝します。

一方、敗れた東北大学。
勝てたといえば勝てたゲームです。
後半は好調だったパントキックですが、
それを前半のうちから蹴り込んでいけたら
ゲームの流れを更に引き寄せられたような気もします。

そして、ワタクシがもっとも感じたのは、
「キャッチボール」

QBからのパスをレシーバーがキャッチしきれない場面がありました。
練習ではなく試合ですから、厳しい状態でのパスもあることでしょう。
そこで捕れるか捕れないかが2Qからのスコアになった気がします。
何人かいるQBからのパスを是が非でもキャッチしようとする
貪欲さみたい気持ちがちょっと足りないようにも見えました。

そして、時計の管理。
ハドルを組んで、プレーを伝えて、スクリメージにセットし、
プレーを開始するまでの秒数の感覚をつかめていませんでした。
ディレイオブゲームを避けるためにタイムアウトを使いましたが、
試合終盤のタイムアウトを使わなければならない場面で
タイムアウトが残っていないという、もったいない結末でした。

スターターのQBにトラブルがあったため、
ハドルからのリズムが崩れたり、
バックアップの選手がプレーした場面もありました。
不慣れな組み合わせがパスの不成功も含め
大きな要因と言えばそれまでですが、
長いシーズンを考えれば、起こりうる事態です。

1本目同士だけでなく、1本目と2本目、
2本目同士と言った形でパスのキャッチボール。
より精度の高い心のキャッチボールをたくさん重ねて
リーグに向けた準備をしてほしいと思うのです。





[ 2016/06/12 21:56 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

メダルを外したリツ

あひる課長さん

先日決勝戦が行われた、
バスケットボールオールジャパン
女子の皇后杯は、JXが快心の試合運びで
3連覇を果たしました。

出場選手が全員得点を挙げ、決勝戦という舞台で
若手がしっかりコートの中で経験を積めたことは
今後につながる展開にもなったと思います。

JXは吉田、渡嘉敷、間宮の3選手がチームの柱といわれています。
特にインサイドで「明」「動」の渡嘉敷選手の対角で
リバウンドやスクリーン、スペースを作り出す
影の役割の間宮選手の存在は
チームの精神的支柱のように思いました。

また、長年懸案のポジション、3番(SF)は大沼選手が
適役のように思います。
彼女より身長の高い選手が3番に入る布陣もありますが、
ボールの回りや相手チームの守備のポイントを
散らす点でいうと、スリーガードに近い布陣が
往年のJXらしいメンバー構成にも思います。
ワタクシ個人的には、大沼選手(または成長を期待して)
宮崎選手あたりが適役なのかなと考えます。

それ以上に印象的だったのが、敗れたデンソーアイリス
自分たちのバスケットができずに試合が終わった印象です。
チームの柱、高田選手は準優勝の表彰式でも
まだまだ自分たちの試合を冷静に振り返ることができなかったようです。

川渕三郎会長からかけてもらった銀メダルを
すぐに外してしまう姿がテレビでとらえられました。
過去にも多くの選手がとった行動だそうですが、
感情を表に出さない選手だけに、
その行動の中に秘められた悔しさが伝わってきました。

ゲームそのものよりも
高田選手の気持ちがとても印象的でした。
悔しさを今後のリーグ戦、そしてリオオリンピックへ向けての
エネルギーに換えてほしいと思います。






[ 2016/01/17 11:40 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。