ベンチメンバー

あひる課長さん

東北学生アメリカンフットボールのリーグ戦が始まりました。
開幕戦は見逃したのですが、この日は時間がありましたので、
注目の2カードを観戦してきました。

第一試合 ×東北学院大学 0 - ○秋田大学 35
第二試合 ○東北大学   55 - ×仙台大学  0

第一試合はともに一部昇格後再建途上にある両チームの対決。
秋田大学はここ数年のリクルートの努力が実り、
選手層は学院大学を上回るほど充実しています。
開幕戦は東北大学に後半突き放されましたが、
この日は効果的に得点を重ね完封勝利です。

一方の学院大はユニフォームを新調したようで、
試合中のオペレーションも
リーグ内では高いレベルに入るようにも思われます。
チームとしては、リーグ初戦の固さもあったのか、
粘りやファイト、それ以前に自分たちのプレーを発揮できずに
苦しいスタートになったように思います。


第二試合の宮城勢対決も一方的な展開となりました。
東日本を代表するような監督の退任後、苦しい戦いの続く仙台大学。
メンバーの半数以上が1年生を占める経験不足を
伝統的に高いとされるフィジカルでどれだけカバーできるかを
注目していましたが、
対関東勢という東日本を視野に置く東北大学の前に
一方的な展開となってしまいました。

東北大はワタクシが個人的にも2年生のころから注目していた
#6のRBの選手が攻撃の中心として十分な仕事をしていました。
当時はスピードと変化をつけた走りが印象的でしたが、
守備を引きづるような力強さも備わっていました。
先発のQBも3年生が務め、4年生の代わりとして十分なパフォーマンスでした。

そして、守備陣も#28のLBの選手を中心に素早い集まりで、
仙台大学の攻撃陣の前進を阻み続けました。

ゆとりのある展開の中で攻守ともに下級生も出場の機会を得て、
それぞれに求められた仕事を果たしていたように思います。
特に、#11QB、#85のWRは嬉しいTDパスになったと思います。
東北大は戦いながら育てる試合ができたと思います。

あえて言えば、チーム全体として2Q以降は仙台大学に
合わせた場面も時折見られたのではないでしょうか。
監督が厳しい表情の時間帯が多かったのは、
リーグ制覇だけではないところを見越してだと思うのです。


そして、勝利した秋田大学、東北大学ともに印象的だったのは
ベンチメンバーの声でした。

25秒計の残り秒数を知らせる声。
選手交代の退出選手を知らせる声。
プレー開始後の相手のプレーを知らせる声。
それ以上に、チームに勇気を与える声。

「ナイス○○」、「ここ大事だよ!」「(ミスに対して)取り返そう!!」
などと、ベンチもフィールドと一体になっている雰囲気が
とてもよかったと思うのです。

秋田大学#80、東北大学#33は
ベンチの、いやチームの精神的支柱として素晴らしいプレーヤーでした。

駄菓子菓子、学院大学のベンチはお通夜のようでした。
コーチの声だけが響き、ユニフォームを着た選手の声は
殆どありませんでした。
「最近の若い人たちは…」という言葉を引用させてもらうと、
フィールド上でのプレーは他人事のように見えてしまいました。
(生意気を申し上げますが、カヤックスはそんなチームではないことを信じているが故ご容赦ください)








関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/22 19:18 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

マイビーチ鬼ケ浜@浦戸諸島桂島

あひる課長さん

過ぎ去った、とある夏の日、マイビーチ鬼ケ浜へ行ってきました。
松島湾内に浮かぶ小島の連なる浦戸諸島には、
いくつか人の住む島もあります。

その浦戸諸島の一つ、桂島にあるマイビーチ鬼ケ浜は
震災後、たくさんのボランティアの活躍によって
オープンした海水浴場です。

この日は海の家のお手伝いのつもりで伺ったのですが、
あいにくの天候で、海の家も海水浴場も開店休業状態。

そこで急きょ、海の家の番人、頑固親父さんを囲む会となり、
海の家の食材の整理を兼ねて、頑固親父さんの作るまかないを肴に
おいしく飲んで、おなか一杯食べて、楽しく語りました。

まづは、在庫を使ってのいかぽっぽ

moblog_2dfd18a5.jpg

ささかまのみそおでん。

moblog_0e54f737.jpg

そして、焼きそばの抜き(麺なし)
野菜炒めではありません。

moblog_f18c8c09.jpg

カキの収穫が始まる秋から冬にかけても
せわしい生活を忘れることができる、島時間が何よりも魅力的な場所です。

カキを食べて、おいしく飲んで、日没に合わせて床に入り、
波の音と虫の声戸と、満天の星空を楽しみ。

朝は海岸を散歩し、またカキを食べる。
そんな島を知っているワタクシは幸せ者なのです。

ご希望の方、是非ご一緒しましょう!!


関連記事
[ 2015/09/22 18:17 ] B級ライフ(雑言) | TB(0) | CM(0)

福島旅日記⑤ ~円盤餃子編~

あひる課長さん

アップをサボり、約1か月遅れのシメは
福島の円盤餃子で満場一家で決まりです。

当地の名店、照井さんにお邪魔します。
開店前の11:30前に到着したのですが、
すでに30人近い行列ができていました。

DSC_2894.jpg

多少の長期戦を覚悟しましたが、
お客さんの回転も良いのか、
12時前には入店することができました。


行列の途中ですが、
ここで残念なニュースを知ります。
ごはんとスープは平日のみの提供なのだそうです。
すなわち、
この日は「餃子定食」とはいきませんでした。

DSC_2887.jpg

それでも、気持ちを切らさず、
定番の円盤餃子と、人気だというラーメンもいただくことにします。

DSC_2895.jpg

円盤餃子、登場!
20数個の幸せのパッケージが輝いて見えます。

DSC_2889.jpg

パリ、フワ、ジュルという、餃子の幸せの感触が
すべて備わった餃子。

DSC_2893.jpg

ムスメが半分以上食べるほどのおいしさ。
カミさんとワタクシはラーメンで味の変化を楽しみます。

DSC_2888.jpg

食後の車中の反省会では、
3人で円盤餃子ふた皿行けたはずだという
共通認識で3人の意見が一致しました。

DSC_2874.jpg

余談ですが、裏磐梯から福島へ抜ける経路に
磐梯吾妻レークラインという道路を通りました。
その途中、路上にたくさんのサルが。

ウキャー、「猿の惑星」か
「ここは日本なの?」ムスメの天然さの方が面白かったりします。

DSC_2877.jpg






 <<<<   福島旅日記① ~修学編~ へ
 <<<   福島旅日記② ~ソウルフード編~ へ
 <<    福島旅日記③ ~レイクランドヒバラ編~ へ
 <    福島旅日記④ ~お風呂編~ へ


関連記事
[ 2015/09/22 17:51 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)

福島旅日記④ ~お風呂編~

あひる課長さん

ワタクシたちの旅に欠かせないもののひとつは、お風呂。

DSC_2862.jpg

今回お世話になったレイクランドヒバラさんには
お風呂があるのですが温泉ではないとのこと。
広さもありますし、シャンプー・リンス類もあるので、
悪くはないのですが…

DSC_2863.jpg

そこで、レイクランドヒバラさんのすぐそばの温泉でお風呂にします。
本当に車で数分の場所にあるとある温泉へ向かうことにします。

レイクランドさんに一旦チェックインし、
荷物を仕分けしながらコテージに運び込み、
食事の下ごしらえも済ませた状態でむかったのは
休暇村裏磐梯さん



リゾート地らしい佇まいのホテルです。
リゾート地らしい駐車場に車を止めて
リゾート地らしいロビーで受け付けを済ませ、
リゾート地らしいお風呂に向かいます。

リゾート地らしいサウナもあり、
リゾート地らしい洗い場や寝湯などもありますが、

リゾート地らしからぬ黄金色の濁り湯の露天風呂に浸かります。
リゾート地らしい繁盛ぶりに撮影を自粛し、
満足そうにレイクランドヒバラさんに戻ることにします。


お湯は無臭で、加温加水の循環式を採用することで
安定した湯質を保っています。
ムスメ的には熱すぎないで楽しめたのではないでしょうか。

 <<<   福島旅日記① ~修学編~ へ
 <<    福島旅日記② ~ソウルフード編~ へ
 <    福島旅日記③ ~レイクランドヒバラ編~ へ






関連記事

福島旅日記③ ~レイクランドヒバラ編~

あひる課長さん

会津若松から約45分、この日の宿泊地に到着です。
5月のGW明けに夢の国での散財を鑑み、
今回は自炊という形でローコストな滞在を楽しみます。

とは言いながらも、エアコン完備、
テントめんどくさいのでコテージ泊、など
さまざま条件を満たしてくれるキャンプ場として
レイクランド裏磐梯ヒバラさんにお世話になることとなりました。

レイクランドヒバラさん
にはモービルコテージという
トレーラーハウスがあり、充実した環境の中で自然を楽しみます。

DSC_2855.jpg


DSC_2871.jpg


夕食は、カミさんのリクエストで焼きそば。
途中の道の駅で購入した当地のトマトや野菜たち。

DSC_2847.jpg

ムスメのリクエストのスペアリブは
BBQのメインでいただきます。

DSC_2852.jpg

炭火で焼くことでおいしさも増し、
余計な脂分は煙と香ばしさに変わります。
サントリー金麦スペシャルフィールドで収穫したジャガイモは
じゃがバターに。

DSC_2854.jpg

全体的に手数をかけず家族で調理と食事をゆっくり楽しみます。

モービルコテージの中は、とても機能的で
テーブルは天板の高さを変えてベットに早変わり。

DSC_2869.jpg DSC_2866.jpg

備え付けのベットも狭さを感じさせない位置取りです。

DSC_2867.jpg

共同の炊事場もありますが、
簡単な調理はコテージ内で済ますことができます。

DSC_2873.jpg DSC_2865.jpg

冷蔵庫、ガスコンロ、鍋・フライパン・ピーラーやお玉といった調理器具、
お皿やカップの食器類、炊飯器、オーブントースターなど
食材だけを準備すれば手ぶらで楽しめる利便性も
B級なワタクシどもにうってつけです。

翌朝は出来合いのピザトーストを中心にワンプレートに盛り込みます。
焼きそば用の野菜が余っていたので、スープにしてしまいました。

DSC_2857.jpg


あいにくの雨でアウトドアでの行動は制限されましたが
ウッドデッキにはオーニングの雨除けがあったので
食事はオープンエア的に摂ることもできました。

DSC_2864.jpg

3人で温泉旅館に泊まることを考えれば
コストパフォーマンスも格段に良く、
アクティブに過ごすことができましたので、
またお邪魔したいと思います。

 <   福島旅日記① ~修学編~ へ
 <   福島旅日記② ~ソウルフード編~ へ
関連記事
[ 2015/09/06 16:50 ] A面のヤボ用 | TB(0) | CM(0)