ゆで呑み敢行

あひる課長さん

某SNSでお世話になっている方が
「立ち食いそば屋での呑み」なるものを紹介しておられました。

ワタクシとしても非常に関心があったので、
さっそく実行して参りました。

敗戦のショックを払しょくすることも含め
仙台市内中心部のゆで太郎(システム系)へ。
おやつの時間を過ぎ、
夕食時にも早いかないという薄暮の時間。

呑み&ツマミ、そして食事(そば)の分の
食券はいつ買うべきか迷っていました。

①先に呑みの分の食券を頼み、
 ある程度出来上がったら、食事の食券を購入

②初めにすべての食券を購入し、
 呑みながらタイミングを見て食事の食券をカウンターへ。

という、券売機、カウンター、実食の
サイクルをどう展開していくかの助言をいただきました。

彼の助言によれば②が正道だというのです。
よって、②のパターンで組み立てをします。

DSC_0580[1]

食前酒は生ビール
オードブル?はコロッケ、
サラダ?の春菊天は半分はそばと一緒に食べたいところです。
食事(そば)は前半が揚げ物が続くので
ワカメ + かけ で締めてみたいと思います。

以上のラインナップ。
1000円札を入れても、170円のおつりが来ます。

ツマミはもう少し選択肢があればよかったのですが、
焦りながら券売機の前に立ったため、
店内の案内に気づくゆとりもありませんでした。

DSC_0581[1] DSC_0584[1]

多少の反省の中、さっそく宴を始めます。
嬉しい誤算は選ばれた者だけが受け取れる
クーポン券がついてきます。
選ばれないものにも同じクーポンがつくようですが…

DSC_0582[1]

ジョッキのビールが5分の2くらいに減ったところで、
そばの食券をカウンターへ。
そしてわかめそばのクライマックスへ。
サービスのたぬきもトッピングします。

DSC_0583[1]

そんなわけで生まれて初めてのゆで呑み。
賛否両論あるでしょうが、ありだと思います。




関連記事
スポンサーサイト

[ 2017/02/09 05:51 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bqlife.blog4.fc2.com/tb.php/1127-6fb66574