相盛り@山形県村山市 おんどりそば

あひる課長さん

今回はちょっと遡った時間での…

4月のある日、我が家の汁モノ名人の保養のため
山形県へ向かいます。

そして、お昼ごはん。
そばを食べようということになり、あらきそばではなく
「前に行ったことのある、ちょっと走った川沿いにあるところ」
にしようと、「お店の名前は…おんどりそば?」
汁モノ名人のご意向ですので
ワタクシだって気にするのです。

駄菓子菓子、場所がわかりませんので、
道の駅でガイドを入手し、15分以上走ります。

で、到着。
山あいの小さな集落にあるおんどりそばさん。



汁モノ名人、ここで爆弾発言。
「ここじゃない」

おいおい、
それじゃあワタクシも出会い系バーに通いたくなってしまう…
訳はありません。

せっかくなのでおんどりそばさんにお世話になります。
店名の由来は、大鳥居を立てたいという
夢が込められているそうです。

20170510103957a67.jpg

メニューは太打ち、細打ち麺、両方楽しめる相盛り。
そして、その大盛りの量を増したものが選べるそうです。

せっかくですので、にしん煮もいただきます。
高菜漬け、たくわん、ワラビも出てきます。

2017051010421425d.jpg

当地のものだというキクラゲもおそばを頼むと
自動的に着いてくるせっとだそうですが、
香りと食感が格別で辛子でいただくとさらに鮮烈な味を楽しめます。

20170510104152a84.jpg

厨房でご主人が丁寧に茹で上げ、
水でしめたおそばが到着。

20170510104119e61.jpg

太打ちのそばはその歯ごたえとウグウグ感が
通の方々の吟線に響くのでしょうが、
ワタクシ的には細打ちが嬉しい直径です。

ですが、せっかくですから両方楽しめるのはありがたい構成で
細打ちを食べられるからこそ、太打ちもまた楽しめるという者です。

201705101040444ec.jpg

自らの意思ですと伺う機会もなかったかもしれませんが、
ご意向が働いたおかげで伺うことができました。

ちなみに、お風呂もあるそうですが、
残念ながら予約制で入浴は叶いませんでした。

自家製のそば茶もおいしく、お土産に買ってきました。




関連記事
スポンサーサイト

[ 2017/06/06 21:12 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bqlife.blog4.fc2.com/tb.php/1142-1d1e8fdf