経験を積む

あひる課長さん

この日は東北学生アメリカンフットボール連盟
公式リーグ戦を観戦してきました。

今シーズンはタイミングも合い、
ほぼ毎試合観戦できている東北大学ホーネッツ

この日は一部再昇格後着実に順位を上げてきている
東北学院大学カヤックスとの対戦です。
両チームともここまで全勝でリーグ戦を戦ってきていて
ある意味では事実上の優勝決定戦であると思います。

ワタクシは1Q途中からの観戦となってしまいましたが、
会場到着時点では0-0のイーブンです。

その後東北大がTD2本でリードを奪うと、
2Q終了前に学院もTDを返し前半は14-7で終了。

学院大のこの試合にかける気持ちが出た前半に思えました。

後半はインターセプトやファンブルなどターンオーバーが
ともにあり、乱打戦のような大味な展開になりかけ、
第4Q開始後には、21-14と学院大が追い上げムードに入ります。

ここでワタクシが注目したのは東北大学ベンチ
実はこの日、攻撃の中心ポジションは本来のエースではなく、
控えの選手がほとんどのプレーに出場し、攻撃を率いていました。

ちょっとミスもあり動揺していた雰囲気もありましたので、
彼には一旦ベンチからプレーを見せて、
エースを投入してもいい場面かなと考えていました。

駄菓子菓子、東北大学ホーネッツはあくまでもエースを温存し、
今日出場している2年生に任せる選択をしました。

これを意気に感じないのならアメフト選手ではありません。
その後は攻撃が息を吹き返したように機能し、
伝統的に強固な守備陣もその威厳を示します。

最終スコアは41-14。
数字上は接戦を東北大が逃げ切った感もありますが、
主力を一部温存することで負傷のリスクを回避でき、
バックアップの選手に経験を積ませた
東北大学にとっては次節へのよい準備になったといえるのかもしれません。


「どうだ?楽しんでるか」
(ハーフタイムのインターバルで)

「あそこは投げちゃダメなんだ」
(INTを与えた場面で)


監督からかけられる声は文字にするとわずかですが、
言葉の中には様々な思いや期待が込められているのが
観客席にいるワタクシまで伝わってきます。

練習とは違う中で、貴重な経験を積んだ彼。
来シーズンへ向けても貴重な経験を積んだことと思います。





さて、試合とは関係ありませんがリーグの名レフェリーS野さん。
この日は審判団から外れて、後継者の育成に叱咤激励の声を出し続けます。

カヤックスのベンチの下級生も
負けずに声で試合にかかわってくれたらとは思います。
少なくてもSカントクよりも声を出してほしいと
部外者のおっさんは勝手に期待しています。
それができないうちはトンペイには絶対勝てないような気がします。

それから、Nさん、Sさんありがとうございました。
光栄です。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2017/10/16 07:39 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bqlife.blog4.fc2.com/tb.php/1184-ff1694c3