カリメロに反則はいらない

あひる課長さん

学生アメフト界がいろいろざわついております。
アメフト界だけでなく社会問題にも発展しそうな予感もあります。

原因は、ある選手が出場から5プレーの間に
スポーツマンシップに反する反則を複数取られました。
詳しくはシンさんの
Xリーグにはまっているらしいブログ」で
当該プレー及びシンさんの見解が示されています(2018.5.7投稿分)


YOUTUBEでも動画が確認できるようです。

また、シンさんはさらに日大のその後の対応や関学の動向などを
紹介、推察、検証しながら、意見などを適切に
付け加えられていますので
ご覧いただければと思います。

ワタクシが言いたいのは3つ。

その1 : カリメロに反則はいらないのです。
      カリメロといっても鳥っこのほうではなく、
      エースキラーの方を指します。
      変な方に力を注がず、
      本来の力で戦えば何ら恐れることはなかったのです。

image.jpg yjimage8RHUHOCT.jpg

その2 : 今シーズンは反則の判定が厳しくなるに違いまりません。
      DLを含め守備の選手はフェアプレーに徹しましょう。

その3 : 日大は負傷した選手への見舞いと謝罪を最優先に。
      どっかの首相のような驕り、ゴーマン、
      書き換え=ごまかし 
      秘書(=選手)が勝手にやったなどというミエミエ
      入院(=自粛)という雲隠れ 
      をやめて誠実に向き合い、
      誠心誠意謝る誤るのが最初ではないでしょうか?
      チクワを送るような誤った方向には進まないでほしい。

      最終的に今季は対外試合ができなくなる覚悟も必要です。

      
      


関連記事
スポンサーサイト

[ 2018/05/13 18:46 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bqlife.blog4.fc2.com/tb.php/1233-e19c4b47