FC2ブログ






【30番湯】 秋田・大湯温泉 阿部旅館

あひる課長さん

怪我の功名
災い転じて福と成す


まさしく、そんな出会いが大湯温泉さんへの訪問です。

もともと向かっていた温泉へのルートは2つあります。
一関から国道342号を経るコース。
そして花山から国道398号を取るルート。

思うところがあり、398号を選択したのですが、
目的地直前で冬期間の通行止めが
いまだ解除されていない非常な状況に。

ここまで数十キロ走り、あと数キロという時点での切なさ。

順当にいけば、9時すぎに到着し、
座敷休憩プランで半日をのんびり過ごす計画が無残に散ったのです。

モーローとしつつ、湯沢経由での到達に切り替えます。
座敷休憩をあきらめようか、思考が混乱どころか停止寸前の中
398を進むと、ワタクシを誘うような看板が!

露天風呂…
秘湯…
温泉…

とりあえず、フロでも入って落ち着こうと半分ヤケクソです。

駄菓子菓子、温泉の神様はワタクシに微笑みかけてくれたのです。

20180512142803770.jpg

現在時刻は9時。
時間的には日帰り入浴の受付時間外の温泉が多いのですが
こちらはOKとのこと。

温泉の神様、ありがとうございます。
大湯温泉さん、阿部旅館さん、感謝です!

2018051214282009a.jpg

受付で料金を払い、いったん玄関の外に出てから、
建物のわきの通路を川を眺めながら露天風呂に向かいます。

20180512142905376.jpg

オープンエアの通路から、屋根つきの階段を降りるとお風呂へ。

20180512142947f05.jpg

内湯は今回は眺めるだけ。

ワタクシは露天風呂に飢えていたのです。

20180512143116d6f.jpg

この日の男湯はせせらぎが聞こえる川沿いの2つの浴槽。

2018051214303125a.jpg

ちょっと歩くともう一方のお風呂を拝見することもできました。
(貸切ゆえの浴槽探検です)

20180512143055e81.jpg

蒸し風呂はアッチ過ぎて扉を開けただけで
突入は断念。

20180512143002d1f.jpg


季節が良ければ川そのものがお風呂として楽しめるそうです。

もっとゆっくり浸かっていたい気もしましたが
この先の迂回距離を考えあっさり目で
本来の目的地へ向かうのでありました。


平成25年8月から始めたP.h1126(いい風呂)への道。
今回は不明(すみません)で、前回までの204.71で変わらず。

のんびり巡礼してまいります。


関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bqlife.blog4.fc2.com/tb.php/1236-6a49f8d7