fc2ブログ






【52番湯】鳴子温泉 鳴子ホテル(木華子の湯)

pray4j.jpg


この日は呼んで北の聖地へ。
久しぶりの北奇行。

カミさんとムスメも一緒でしたので、
ちょっと小ぎれいなところにしなければなりません。

一番最初に思い浮かんだ場所へは
なかなかの坂道を登る必要があります。

しかも、この日はかなりの積雪。
道路の残雪を見ただけで坂道を登るための苦労は明快です。

駄菓子菓子、それを回避しようと伺った最初の2軒が
いずれも日帰り入浴はお休みとの事。

設備工事やら「都合により」やら…
ならば意を決して鳴子ホテルさんへの坂道を登ることにしましょう。
途中、他の坂道で立ち往生している車やら
スタックしているトラックを見た後ですので
カミさんとムスメも若干の緊張感を持ちながら
鳴子ホテルさんへ向かいます。

横滑りや空回りを乗り越えながら鳴子ホテルさんへ激着。
玄関の張り紙に不安がよぎりますが、
日帰り入浴はOKとのことで、一安心。

ただし、男性大浴場は使えないため、
通常貸切用のお風呂になるとの事。

いやいや、ここまで来たのですからお風呂に入れれば
ありがたい限りです。

露天風呂はありませんので入浴料金も男性は半額との事。

いやいや、貸切でしか入れないお風呂に入れて
その上半額ならいう事なしです。

そんな入館勘手続きの後、不思議な上下移動などを経て
木華子(こけし)の湯に。

16458345310.jpeg


この日のお湯は乳半色(にゅうはんしょく)
半乳色という並びだったらちょっとドキドキします。
しかも、読み方を間違い、はんち…(以下自主規制)


心を正し、浴場へ。
貸切用という割には広く、20人位は入れそうです。
洗い場も10か所ほどあります。

16458344740.jpeg

まずは小さい方の浴槽、ぬる湯へ。
3畳ほどの広さ。


16458344430.jpeg

ぼこぼこ湧いていますが、
ポンプの吹き出しっぽく、ジャグジーには非ずの様相。

16458344310.jpeg

つづいて、常温の浴槽へ。
いい湯加減です。
そして、何よりも特筆すべきは
幸せの硫黄臭。

この硫黄臭を嗅ぐだけで雪まみれの坂道を登った苦労が報われます。

16458344920.jpeg

構造上のためか、壁面でも窓でもなく、
障子状の囲い。動力の音源が響きます。

それ以上に幸せの硫黄臭。
ここに、この湯に浸かるまでフラれた2軒は
この湯に硫黄臭を楽しむための仕込み、伏線だったと確信します。

16458345070.jpeg

障子に描かれた、秋の風景。
外は真冬ですが、心の中で燃えるような紅葉をイメージします。

そして、幸せの硫黄臭

16458345190.jpeg

2017年(平成25年)8月から始めたP.h1126(いい風呂)への道。
今回は8.0で、合計356.0(前回までで348.0)。 のんびり巡礼してまいります。
関連記事
スポンサーサイト





うらやましい♪

オイラも同じ理由で「貸し切り風呂」浸かったことあります!凄く大きな浴槽ですよね、んでも貸し切りじゃありませんでしたが。。(/ω\)

コチラの温泉宿は正面(西側)から向かうと坂道~階段とか大変だけど、裏口(東口1F)を使うとエレベータでビューですよ(笑)
[ 2022/03/13 18:00 ] [ 編集 ]

Re: おでんのさん

いつもご来訪ありがとうございます。

なかなかの積雪であの坂を上るのはスリルあふれる冒険でした。

初めて使った浴槽ですが、お湯はTHE鳴子でした。
お風呂の広さはおまけとはいえ、久しぶりの聖地巡礼を過ごしてきましたw
[ 2022/03/19 13:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bqlife.blog4.fc2.com/tb.php/1517-8cecc79b