fc2ブログ






皇后杯~オールジャパン女子~

あひる課長さん

バスケット女子の全日本総合選手権の決勝戦、
そして数日前からの何試合かを運よくテレビ観戦できました。

結果はJXが女王らしい試合運びで4連覇を達成しました。
大神、田中、渡嘉敷の3選手は故障明けで
万全なコンディションでない中、
寺田、渡嘉敷、間宮、と高さで立ちはだかる相手を
蹴散らしてきたイメージを強く抱きます。

そんな中、優勝後ただ一人涙を流して喜んでいた
本田選手の活躍は特筆に値します。

入団当時は登録人数の関係でベンチに入れない試合も経験したそうですが、
そこから、自分のプレースタイルを見つめ直し、
外のシュートを身につけ、
決勝戦では、スタートメンバーにまで入るほどに成長しました。

まだまだ、確率は本人が納得できる数字ではないようですが、
アウトサイドとインサイドのバランスを取りながら
オープンになれば自ら3Pを狙う役割は、
チームにとってなくてはならない存在のように思います。

ナショナルチームに名を連ねる選手が多いJXにおいて
目立たない存在ではありますが、
木林選手、寺田選手とともに数年後はエースとして
チームを支える存在になる選手だと思います。

往年の名ガード、原田裕花選手が背負っていた
「11番」が何よりチームの期待の証です。


一方、初めて決勝に進んだデンソーは初の大舞台、
頂上がどれだけ高いかが見えてきたことと思います。

名門、シャンソン化粧品の復活も見えてきています。
トヨタ、富士通は今大会の雪辱をかけ、リーグに挑むことでしょう。

ともに、切磋琢磨しながら、
世界への道、オリンピックの出場権を獲得してほしいものです。


関連記事
スポンサーサイト




[ 2012/01/09 09:08 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bqlife.blog4.fc2.com/tb.php/379-5ba6c55b