fc2ブログ






リーグ開幕

あひる課長さん

今日開幕した、東北学生アメフトリーグ戦を観戦して参りました。

対戦カードは東北大学ホーネッツと東北学院大カヤックス
開幕戦からいきなりの名門校同士の対戦です。

最終スコアは31-0と、
予想外の点差で東北大が最高のスタートを切りました。

ホーネッツフリークであるワタクシですが、
カヤックスを応援したいようなある出来事もあったのです。
そんな背景もあり、学院大が先制し、
点の取り合いのような撃ち合いの展開を予想しておりました。
しかし、予想を覆す展開にやや戸惑う部分があります。

東北大は守備陣の奮闘に勝因があったように思います。
学院大の攻撃の中心選手への
対応を怠っていなかったようにも見えました。
DL、LB、DB陣がそれぞれのリーダーを中心に
しっかり守れていたようです。
あえて、言わせてもらうとパント時のLSのプレー精度には
緊急性の高い改善が求められるはずです。

もう一つ、一ファンとして言わしてもらうと
スポッターエリアの広さについて検討をお願いしたいのです。
メインスタンドのおよそ半分、
しかも観戦するのに最適なエリアを数人の関係者が占拠し、
わざわざ、応援・観戦に来てくださった方々を
観戦しにくいエリアに追いやる。
ホーネッツの勝利のための貢献といえばそれまでですが、
アメフトの普及と発展を担う最右翼のチームの
やり方としてはどうかと思うのです。


他方、学院大はエースレシーバーをモーションさせたり、
モーションからのハンドオフ、そのフェイクからプレー、
セットするポジションを動かしたりしたものの、
決定的な仕事をする事ができなかったようです。

最後は三本目のQBまでフィールドに送った東北大は
快勝に近い手ごたえがあったことでしょう。
ワタクシ個人としては、FB #5の中央突破は
プレーコールの妙もあるのでしょうが、
サイズのあるRBというホーネッツにしては
古風ながらも斬新なやり方、温故知新でいいと思いました。

学院大は他のチームには見られない守備の取り組みをされていたり
大きなミスはないものの、
決定的なプレーの数に乏しかったように思うのです。
もう少し大胆なプレーコールがあってもよかったのかもしれません。
(スタンドから偉そうにタラればの話ですいませんです)


一方、予定されていた第二試合は一方のチームの棄権により中止になりました。
また、これまでもこれからもリーグの発展と活性化に躍動されてきた方の
気になる情報もあるようで、そちらの方が心配なのです。
関連記事
スポンサーサイト




[ 2012/09/02 19:00 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)

いつも東北学生リーグを応援して頂き、ありがとうございます。
スポッターエリアに関しましては、ご指摘の通りと思いますので、早急に検討させて頂きます。
今シーズンも、応援よろしくお願いいたします。
[ 2012/09/04 00:43 ] [ 編集 ]

#4様、ありがとうございます。

#4様、
極めて個人的で独りよがりな意見に対し、
誠意あるご回答ありがとうございます。

スポッターの必要性と、その果たす役割の重要性は
それなりに理解しているつもりです。
決して、スポッター席を排除しようということではありませので、
そこはご理解いただきますよう、お願いいたします。

そのあたりを踏まえて、連盟さんとして
スタジアムルールとして使用エリアを定めていただいたり、
加盟校の判断にゆだねるのであれば、
チームで係員を配置しながら観客の方に理解と協力を
求めるなどの措置を取っていただくなりの対応をしていただくと
「さすが、東北学生リーグ、あるいは、さすが東北大学」
ということになるのではないでしょうか。

また、スタンプラリーの企画、
さっそく参加させていただきました。
隣の球場でやっていた球技に負けず劣らず
興奮できるゲームが始まってうれしく思います。

連盟ご関係者の皆様のご活躍に心から感謝いたします。
[ 2012/09/04 06:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bqlife.blog4.fc2.com/tb.php/531-6c556178