fc2ブログ






事実上の天王山

あひる課長さん

東北学生アメリカンフットボールのリーグ戦を観戦してまいりました。
今シーズンは諸般の事情であまり観戦は叶いませんが、
それでもこの日のカードはワタクシの中では
「事実上の天王山」という位置づけでの観戦でした。

■第1試合
〇 岩手大学 48 - 0 弘前大学 ×
赤の対決は地力に勝る岩手大が勝利。
岩手大学バイソンズはチームの初戦を勝利で飾りました。
試合終了まで衰えることのなかった弘前大スターキングの闘志もまた
アメフト選手としての誇りを感じるものでした。

■第2試合
〇 東北大学 56 - 0 東北学院 ×
リーグ開幕戦で仙台大学を下した学院大カヤックスと
王者東北大ホーネッツの対戦。

ワタクシの中では、この際の勝者が優勝に大きく近づく
打ち合いの予想をしておりましたが、
試合は第1Q、いや試合への入り方で大勢が決まったといえます。

カヤックスは昨年から導入したガン体型の攻撃から
レフティQBのパスとランが
予想以上に機能しなかった様に思います。

カヤックスOBで、攻撃面を担当されている監督さんが不在の様で、
守備担当のコーチが監督代行という形で攻守ともサインを出していたようです。

コインにトスに勝ったホーネッツは攻撃権を放棄し、
カヤックが最初の攻撃。
いきなり2プレー目に事件が起きました。
スクリメージにセットしたカヤックスイレブンに対し、
「ガンだろ~(怒)」と監督代行。
いきなり、タイムアウトで全選手をベンチに集め、
サインかコールの伝達ミスがあったのか、確認を行なったようです。

試合開始直後のタイムアウト。
チームが誤った方向に進まないよう防止するには
必要なタイムアウトだと思います。
監督(代行)として、その場面でタイムアウトを使わなければならないという
つらさ…(以下自主規制で羅列は省略します)

結局第4ダウンまで前進できずパントを…
そのパントをホーネッツがブロックし、
そのままりカバーしエンドゾーンまで駆け込み先制しました。

そして、試合はホーネッツが
ほとんどのドライブを得点に結び付けるような形でコールド勝ち。

天王山の熱戦を期待したワタクシこそ、真の敗者かもしれません。


一方、ホーネッツにとっては最高の実践練習になったといえます。
攻撃、守備ともにバックアップの選手を投入し、
彼らは与えられた課題をクリアしていたように見えます。

次代を担うQBはパスを成功させ、TDドライブをリードします。
下級生の守備の選手も、コーチからの指示を献身的に守り
今井雅之さん風の怖くて熱いコーチを笑顔にしています。

キッカーも2本目の選手が与えられた仕事をしていたように見えます。
そんな中でのシャットアウト。
緩みかけそうなベンチの雰囲気をしっかり立て直していた
雰囲気作りも非常に参考になりました。

moblog_e8f72135.jpg

試合会場のダイナヒルズ運動公園の芝生は比較的状態も良く、
フィールドと観客席が近く、迫力あるベンチサイドを楽しむことができました。

強いて言えば、駐車場のポテンシャルをなんとかしていただければと思います。
駐車場係さんとの会話から。
学「満車です」
B「んで、アメフト見ないで帰れっていうの?」
学「はい…」
というやり取りをさせていただきました。

後になって、別の駐車場を紹介してもらいましたが、
向かいの、Tヨタさんのご協力を頂くなどのご尽力をお願いしたいと思います。

両チーム的にはフィールドへの出入り口がもう一つあっても
撤収などがよりスムーズに進むのではないかと思いますが、
既に話がすすでいることと思い、ワタクシの独り言にしておくとします。

関連記事
スポンサーサイト




[ 2014/09/16 21:16 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bqlife.blog4.fc2.com/tb.php/890-c4b5d5fd