スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイヤーボーイ@小鉄

あひる課長さん

ファイヤーボーイ、火の玉小僧といえば
知る人ぞ知るプロレスラーの菊地毅選手

地元仙台の高校を卒業し、
全日本プロレスからNOAHで活躍し、
現在はフリーとして仙台を主戦場に各団体へ参戦しているようです。

ストレートなファイトスタイルも
悪役商会での壊れ役もこなす、
マルチプルなプロレスラーの一人です。

マルチプルさで現在は仙台近郊、
富谷市内の焼肉店、小鉄さんの店長も務めているそうです。

小鉄さんではランチタイムにラーメンも出しているそうなので、
応援業務の合間にお邪魔してきました。

いただいたのはシンプルな和風醤油ラーメン。
(正式名称は忘れました)

DSC_0642[1]

それに、ミニチャーシューごはんもお願いします。

DSC_0643[1]

すなわちタッグマッチな組み合わせと言えるでしょう。
ラーメンはシンプルながらも洗練された味わいです。
安定した品質のための製造工程であるのかもしれませんが、
多くの方々から好感を頂ける味わいだと思います。

チューシューごはんは、ごま油の風味が効いた一杯です。

DSC_0644[1]

店長さんは場外乱闘中です。
店内での仕事ではなく、沿道でのPR活動中。
影がビミョ~な感じですが、
ポーズはいつもの踏ん張り系のお顔です。

昔から応援していました。とお伝えしますと、
喜んでいただきました。

お話し中思ったのは、本間朋晃選手の先駆けになるような口調w
駄菓子菓子、それ以上にやさしいお人柄を感じます。

DSC_0645[1]

そして、ワタクシが車で駐車場から出るまでは
西永秀一レフェリーばりのテキパキさで
交通誘導もしてくださいました。

DSC_0647[1]

ご当地出身選手は競技を問わず応援したいもの。
志賀選手はどこに行ってしまったのでしょうか?
カミナリキャラ系の一人は伝説になってしまいましたが、
菊地選手、いつかみちプロにも上がってください!




関連記事
[ 2017/02/26 17:50 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

480円定食@いずみ弁当

あひる課長さん

ここひと月は応援業務で泉区周辺をまわる日が続いています。
使われるだけでなく、空き時間を有効活用してパトロールにも出向きます。

というわけで今回はいずみ弁当さんにお邪魔します。
昼食時に通りがかりますといつも駐車場が一杯の
なかなかの有力店のようです。

持ち帰りの弁当だけでなく、
イートインコーナーではそばや定食類もいただけるという
ハイブリット系のお弁当屋さんとの情報です。

いろいろ迷いましたが、
3種類ある定食のうちから480円の定食をチョイスします。
お昼前の落ち着いた時間とのことですぐに着膳です。

2017020617225447b.jpg

この日はどんぶりごはん、豚汁、
おかず盛り(サバ焼き、シシャモ揚げ、鶏唐、ベーコンソテー、
マカロニサラダ、枝豆、サラダ)、小鉢におしんこ
という顔ぶれです。

201702061723028c2.jpg

庶民的な組み合わせであるものの、
沢山の品目を楽しめる上に、
ワンコインでおつりがくるという好CP。

そして、豚汁もまた深みと美味しさがあり、
豚汁とごはんだけでも楽しめるのかもしれません。



関連記事
[ 2017/02/15 21:19 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)

ゆで呑み敢行

あひる課長さん

某SNSでお世話になっている方が
「立ち食いそば屋での呑み」なるものを紹介しておられました。

ワタクシとしても非常に関心があったので、
さっそく実行して参りました。

敗戦のショックを払しょくすることも含め
仙台市内中心部のゆで太郎(システム系)へ。
おやつの時間を過ぎ、
夕食時にも早いかないという薄暮の時間。

呑み&ツマミ、そして食事(そば)の分の
食券はいつ買うべきか迷っていました。

①先に呑みの分の食券を頼み、
 ある程度出来上がったら、食事の食券を購入

②初めにすべての食券を購入し、
 呑みながらタイミングを見て食事の食券をカウンターへ。

という、券売機、カウンター、実食の
サイクルをどう展開していくかの助言をいただきました。

彼の助言によれば②が正道だというのです。
よって、②のパターンで組み立てをします。

DSC_0580[1]

食前酒は生ビール
オードブル?はコロッケ、
サラダ?の春菊天は半分はそばと一緒に食べたいところです。
食事(そば)は前半が揚げ物が続くので
ワカメ + かけ で締めてみたいと思います。

以上のラインナップ。
1000円札を入れても、170円のおつりが来ます。

ツマミはもう少し選択肢があればよかったのですが、
焦りながら券売機の前に立ったため、
店内の案内に気づくゆとりもありませんでした。

DSC_0581[1] DSC_0584[1]

多少の反省の中、さっそく宴を始めます。
嬉しい誤算は選ばれた者だけが受け取れる
クーポン券がついてきます。
選ばれないものにも同じクーポンがつくようですが…

DSC_0582[1]

ジョッキのビールが5分の2くらいに減ったところで、
そばの食券をカウンターへ。
そしてわかめそばのクライマックスへ。
サービスのたぬきもトッピングします。

DSC_0583[1]

そんなわけで生まれて初めてのゆで呑み。
賛否両論あるでしょうが、ありだと思います。





関連記事
[ 2017/02/09 05:51 ] 締めの麺類 | TB(0) | CM(0)

斎太郎食堂

あひる課長さん

2月に入り、
震災から6年という声も各地から聞こえるようになってきました。

震災後さまざまなご縁の中、巡り会えたお店の一つ。
石巻市の斎太郎食堂さんへ家族で訪問です。

カミさんは日替わりの海鮮系のどんぶり、
ムスメはカレーライス、と各自が自由にオーダーする中、
ワタクシは値段に釣られハムエッグ定食(450円)。

そして、着膳。
なんか、いおいろ盛られています。
さらに、二つ目。

DSC_0561[1]

ハムの陰に隠れて目立ちませんが、
相当の量のキャベツたち。
ミニメンチと唐揚げは嬉しい誤算です。

DSC_0565[1]

双子の目玉の下にもキャベツの気配を感じます。
前半はソース、後半は醤油と味の変化を楽しめます。

DSC_0563[1]

観光客よりも港で働く海の人を大切にする斎太郎食堂さん、
周辺での活動の際にはまた伺います。
港の人々のお邪魔にならない範囲で…
関連記事
[ 2017/02/09 05:41 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)

トマト

あひる課長さん

今回も撮り溜めのネタで恐縮です。
この日は塩釜市の老舗洋食店、トマトさんへ。

人気メニューだという、
ナポリタン、ピラフ、チーズハンバーグのセットをいただきます。
3品のいずれもが主役にもなれる嬉しい組み合わせです。

DSC_0316[1]

角度を変えても3品ともに、
拮抗した力関係のように思えます。

洋食界の三国志、
そんなフレーズが頭をよぎります。

DSC_0317[1]

とは言いながらも
懐かしさの残るソースまみれのナポリタン。
ワタクシの中ではインパクトならナポリタンでしょう。

ハンバーグがあと一回り大きければ違った展開になったはずです。

DSC_0319[1]

400円からお弁当もありますので、
チャンスを作っていただきましょう。

DSC_0320[1]

関連記事
[ 2017/01/31 21:39 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。